■  ごまふりかけとごまドレッシング



ふだんの食生活の中で、調理法を少し工夫するだけで、身近にセサミンを摂取することができます。中国では、松の実・黒ごま・ナツメなどは、漢方にも用いられており、「不老長寿の食材」とも呼ばれるほど、貴重な食材です。そして、女性にとっては、ごまは、アンチエイジングに必要不可欠な存在さとれる食材です。ごまを使ったヘルシーなレシピをご紹介しましょう。

毎日の食生活に、ごまの栄養分をしっかり摂って、心身ともにパワーアップしましょう。毎日の食卓に、ごまふりかけを作ってみてはいかがでしょうか。

材料は、炒りごま (黒ごまでも白ごまでもよい) ・松の実・塩少々です。炒りゴマと松の実の割合は、1対1、または炒りゴマ2に対して松の実1など、お好みでバランスを調整するといいでしょう。あれば、きざみ海苔を入れてもいいでしょう。フードプロセッサーにすべての材料を入れて、全体的に粒が小さくなるまでかけます。円分は、お好みで調節しましょう。ごまの栄養が摂れても、塩分が多すぎては、かえって健康を損なうので、調味は慎重にしましょう。

もうひとつは、毎日の食卓にサラダを積極的に摂って、野菜をおいしくいただけるごまドレッシングを作ってみませんか?材料は、いりゴマ・酢・油・はちみつ (分量はお好みで)です。全体量が300cc程度なら、酢は小さじ1〜2ぐらいが適量です。炒りゴマに、酢を加えて、塩とこしょうを適量にふって、味を加減しながら、少しずつ油 (植物性のサラダオイルなど) を加えていきます。仕上げに、ハチミツを入れて、できあがり。ハチミツを入れすぎると甘くなるので、必ず味をよくみながら入れましょう。

ごまドレッシングは、野菜サラダだけでなく、鶏のバンバンジーソースとして、夏は冷麺のつゆとしても最適です。ごまドレッシングは、食欲をそそる調味料として、大活躍します。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 美容との関係
★ 更年期障害を予防・改善
★ ゴマのお話
★ ごまふりかけとごまドレッシング